一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 病理学-内因 > 内分泌  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌

2008 - 06/25 [Wed] - 23:52

 生物が生命活動を円滑に営むために、細胞と細胞の間の連絡が緊密に行われることはきわめて重要。細胞間の情報伝達ということである。 接合した細胞が相互に情報を交換する場合や、神経伝達そのものに情報伝達の重要な仕組みが存在しているが、特定の細胞が作り出す情報が血液によって運ばれて特定の受容体(レセプター)を持つ細胞に働く場合、この情報を内分泌といい、情報をホルモンという。
 ホルモンはペプチド蛋白ホルモン、アミンホルモン、ステロイドホルモンの3種類に分類される。各種のホルモンはきわめて少量でも十分機能的に働くようにできているが、産生の過剰に対しては分泌を抑制する仕組みが働き、不足に対しては、促進するような機構が用意されており、常に一定の生理的な均衝状態だ保たれているである。しかし、何らかの異常によって血中のホルモン量に過不足が生じると、それが原因で疾患が成立する。内分泌疾患と総称される病態で、機能亢進症と機能低下症に分類される。
 機能亢進症の原因としては、内分泌腺の過形成や腫瘍(線種、癌)、特定のホルモンを産生する機能を獲得した腫瘍(癌)の発生、過剰な分泌刺激、ホルモンを不活性化する仕組みの障害などが考えられる。機能低下症の原因としては、感染、循環障害、腫瘍などによって内分泌腺が破壊された場合、内分泌の先天的な無形成や低形成、分泌刺激の低下、標的臓器のホルモン感受性の低下などがある。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicine1031.blog96.fc2.com/tb.php/56-62aa91b9

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。