一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 臨床医学各論-精神科疾患 > 総合失調症  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合失調症

2008 - 06/03 [Tue] - 13:59

総合失調症(精神分裂症<2002年より総合失調症と呼称が改められた>)
 代表的な内因性の精神疾患であり、意識清明であるにもかかわらず現実見当が障害され幻覚や妄想を生じるほか、意識低下や感情表出の障害、行動の遅さなどの症状を呈する疾患である。

疫学 思春期から青年期に初発することが多い。生涯有病率は約1%であり、地域・文化による差はない。

成因と病態生理 発病機序としては「脆弱性-ストレスモデル」が受け入れられている。脆弱性とは個人のもつ素因で、脳機能と心理機能に表れる発病・再発しやすさのことをいい、脆弱性が高い個人はストレスにさらされると発病しやすいとされる。

症状 発症に先行して身体・感情・知覚・対人関係の歪みや不調和などの前駆症状が認められることがある。顕在的発症に伴い、幻覚・妄想や自我症状(つつ抜けや、させられ体験)などの精神病症状、行動や思考のまとまりのなさや興奮・滅裂・昏迷などの解体症状(以上の2つを陽性症状)、思考や会話の生産性・快感情・意欲・意志機能の減弱・消失などの陰性症状が生じる。

診断 診断基準として、①特徴的症状:A 妄想、B 幻覚、C 解体した会話、D ひどく解体した、または緊張病性の行動、E 陰性症状、すなわち感情の平板化、思想の貧困、または意欲の欠如、②社会的または職業的機能の低下、③障害の持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する、などがある。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicine1031.blog96.fc2.com/tb.php/46-55529fa9

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。