一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 臨床医学各論-耳鼻科疾患 > 副鼻腔炎  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副鼻腔炎

2008 - 05/30 [Fri] - 01:37

 副鼻腔の炎症疾患を総称したもので、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、副鼻腔炎真菌症、アレルギー性鼻・副鼻腔炎に分類される。

疫学 従来の細菌感染を主体とした副鼻腔は軽症化あるいは現象しているが、アレルギー性鼻炎患者においてアレルギー性鼻・副鼻腔炎の存在が多くなっている。

成因と病態生理 副鼻腔には、上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞、前頭洞が存在するが、副鼻腔炎ではこれらの一部あるいは全部に炎症を生じる。急性副鼻腔炎は、多くの場合、急性鼻炎・上気道炎に続いて発症し、膿性鼻漏、鼻閉のほか、頬部痛、歯痛、頭痛などの症状を伴う。慢性副鼻腔炎では、副鼻腔粘膜に浮腫や繊維化による肥厚があり、副鼻腔自然口を介した自然治癒過程の障害と炎症の慢性化が生じている。

症状 鼻漏、鼻閉、嗅覚障害、頭痛、頭重感、頬部痛、発熱などがある。

診断 鼻内所見として粘膜の腫脹と色調の変化、中鼻道に分泌物貯留などがあり、X線検査所見、細菌学的検査、アレルギー検査などで診断する。

治療 急性副鼻腔炎には、抗菌薬、粘液溶解薬、消炎酵素薬を加えた薬物療法が大切であり、これに局所療法を組み合わせて治療する。
 慢性副鼻腔炎の治療には、薬物、局所療法、手術を適宜組み合わせて行う。

経過・予後 最近では内視鏡下鼻内手術が行われ、副鼻腔の粘膜を保存しながら、より生理的な状態での治癒を目指すものであり、手術に伴う患者の負担は軽減している。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicine1031.blog96.fc2.com/tb.php/44-f2f19747

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。