一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 臨床医学各論-眼科疾患 > 眼精疲労  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼精疲労

2008 - 05/16 [Fri] - 17:28

 頭痛、眼痛、眼の疲れなどを訴える不定愁訴症候群を眼精疲労と呼ぶ。

疫学 近年はコンピューター画面を見る仕事が急増しているため、眼精疲労を訴える人の数は増大してる。(VDT症候群)。
成因と病態生理 眼科疾患として屈折異常、調節障害、輻湊障害、ドライアイ、緑内障などがある。そのほかVDT症候群など、生活環境や作業環境が悪い場合も原因となる。

症状 視力低下、目が重い、眼がかすむ、頭が重い、眼が痛い、頭が痛い、吐き気がするなど多彩である。
診断 まず年齢、作業環境などを聴取して患者の背景を知る。そのうえで屈折検査、調節検査、輻輳検査、斜視検査、眼圧検査、涙液分泌量検査などを行う。

治療 老視の初期症状としての眼精疲労の場合には近用眼鏡をかける。ドライアイには人口涙液を点眼する。眼位の以上がある場合には、プリズム眼鏡を装用したり、斜視手術を行う。

 VDT症候群に対しては、1時間に2~3分は眼を休め、疲労を蓄積しないように指導するとともに、作業環境の整備(画面からの距離を十分とる、画面への室内光の写りこみをなくすなど)を整えるようにする。時々遠方をみることも有効な場合がある。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicine1031.blog96.fc2.com/tb.php/39-42a03612

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。