一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > 2008年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺機能低下症

2008 - 11/01 [Sat] - 20:40

 甲状腺ホルモンの分泌低下、もしくは甲状腺ホルモンに対する感受性の低下により末梢組織で甲状腺ホルモン作用が不足して種々の症状をきたす病態である。甲状腺機能低下症のために硬い浮腫を認めるものを「粘液水腫」、先天性の甲状腺機能低下症で身体ならびに精神が遅延した病態を「クレチン病」と呼ぶ。
疫学 人口の0.01%、全甲状腺疾患の約10%程度とされる。

成因と病態生理 甲状腺機能低下症には、甲状腺自体に以上がある原発性、下垂体もしくは視床下部に病変のある中枢性、そして抹消組織での甲状腺ホルモンレセプター以上によるホルモン不応性の3種類がある。このうち、甲状腺に対する自己免疫が原因となって甲状腺組織が破壊される慢性甲状腺炎(発見者にちなんで橋本病という、後述)の頻度がもっとも高い。

症状 甲状腺ホルモンは全身の組織に作用するので、多彩な症状が出現する。またそのために、ほかの疾患と間違えやすく、たとえば活動低下から、うつ病や痴呆と間違われたりする。

①全身症状:寒さに弱い、発汗減少、嗄声、全身倦怠感、体重増加、低体温、月経異常など。
②消火器異常:食欲減退、便秘
③循環器障害:徐脈、息切れ
④皮膚:硬い浮腫(粘液水腫)、皮膚の乾燥、頭髪の脱毛、眉毛が外3/1脱毛
⑤神経筋:こむらがえり、アキレス腱反射の弛弾相遅延
⑥精神症状:活動力低下、記憶障害、言語緩慢

診断 活動力低下など多彩な症状から甲状腺機能低下症が疑われる。甲状腺ホルモン検査を行うと甲状腺ホルモンが低下し、TSHが高値になる。そのほかに甲状腺ホルモンによる代謝作用が低下することに伴い、血清相コントロール、トリグリセリド、AST(GOT)、CK(CPK)、LDHなどが高値になり、貧血も認められる。

治療 甲状腺ホルモン薬を投与。

経過・予後 甲状腺ホルモンを生涯服用すれば、日常生活に支障はない。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。