一般の方にも医学情報がみれるようにと更新してます

  医学ブログのナビゲーター   トップページ > 臨床医学各論-消化管疾患  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顎関節症

2008 - 04/28 [Mon] - 22:45

概念 開口運動に障害をきたしたり、開口・閉口時に痛みが出現するもの顎関節症という。確立した診断基準はない。

疫学 10代後半から20代の女性によくみられる。

成因・病態生理 下顎骨と側頭骨との間の間接を顎関節といい、両側の耳介の前下方に位置している。ここを支点として開口・閉口を行っているが、これらの運動に障害をきたしたり、開口・閉口時に痛みが出現する。従来は不正咬合(噛み合わせが悪いこと)、過度の進展、慢性疲労による炎症がおもな原因だと考えられてたが、現在は顎関節とその周囲の筋肉や神経系の障害ととらえられており、精神的ストレス、歯ぎしりなどが要因とされている。

症状 口が開かない、顎が痛い、口を開けると音がする、などの症状がみられる。

治療 硬いものやガムを噛まないようにし、顎関節の安静を保つ。また症状を緩和する目的で、マウスピースの装着、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬などの投与を行う。治療に抵抗性の場合は冷温、電気刺激、超音波などの理学的療法を行い、口がまったく開かないような場合は関節内に直接薬剤の注入を行うこともある、また変性が著しい場合は外科療法を行う。
予後 一般的に良好である。長期予後については明らかではない。

スポンサーサイト

歯周病

2008 - 04/28 [Mon] - 14:29

歯周病
概念 歯肉溝に歯周病菌が侵入して歯肉に炎症を起こしたものを歯肉炎といい、さらに炎症が歯根膜周囲に及び歯槽骨を融解していくものを歯周病という。従来から歯槽膿漏といわれてきたものである。

疫学 30歳以上の日本人の70~80%に認められ、歯牙を失う原因の第1位になっている、通院者率は人工の約2,1%にのぼる。

成因・病態生理 歯牙は歯根膜をはさんで歯槽骨に支えられており、上部は歯肉に覆われている。歯牙と歯肉の境目には歯肉溝という溝があり、通常は緊密性が保たれているが、ここに歯周病菌(ジジバリス菌、インターメディア菌など)が進入すると炎症を起こす。歯牙や歯肉抗に付着したデンタルプラーク(歯垢)はこれら細菌の温床になっている。この炎症が歯肉に限局している初期の段階を歯肉炎といい、さらに細菌が歯肉溝の奥に侵入すると歯周ポケットを形成して膿汁が貯留し、歯槽骨を徐々に融解して歯牙の固定性が失われていく。糖尿病や喫煙、妊娠は増悪因子となる。

症状 初期には自覚症状がなく、自覚症状がなく、自覚症状がでてきた頃には、かなり進行していることが多い。歯肉が赤みかかった色になり、膨らんで丸みを帯びるようになる。また歯を磨いたりリンゴなどを食べたときに、炎症を起こしている歯肉から出血することがある。さらに進むと疲労時などに周囲の鈍痛が出現し、歯周ポケットから膿汁が出たり、それが原因の口臭が発生する。また歯牙の固定性が失われ、動揺・脱落するようになる。

診断 ↑の症状から診断

治療 歯磨きにより歯牙間の清掃、歯肉のマッサージを行う。膿汁が貯留している場合は、抗生物質の投与、外科的手術も行われる。また予防的に専門医で歯垢を除去することが効果的であり、増悪因子を避けるような全身的管理も重要である。

予後 しばしば歯牙が脱落し、義歯が必要となる。

 | HOME | 

プロフィール

うとうと幽鬼様

Author:うとうと幽鬼様
西洋医学と東洋医学を紹介していきます。リンクはご自由に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BMI判定

身長 cm
体重 kg


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。